« Siem Reap その2 | トップページ | Siem Reap その4 »

Siem Reap その3

前回は、プノン・バケンからの夕陽を鑑賞 でしたが
今回は、アンコールワットの日の出を鑑賞 です

ほんのり薄明るくなってきた5時、ホテルを出発しました

アンコールワットは西に向かって建てられているため、
背後から朝陽が登るのを拝むことができます
観光ツアーにはつきものみたいです

まだ月が支配する夜空・・・
Photo_2

昨日通った長い参道をうす暗い中、歩いて行きます
水面に映る、あの撮影スポットへと到着し、日の出を待ちました

だんだん明けゆく空・・・
Photo_3 
Photo_4
Photo_5後光が射してます なんだか、ありがた~い気持ちです

この後、すっかり太陽が昇り辺りが明るくなるまで
ず~~っと、眺めたり写真を撮ったりしていました

後ろ髪をひかれつつ、アンコールワットとお別れしました
Photo_6
Photo_7
実際はもっと明るかったかなぁ・・・と写真を見て思いました

ホテルに戻って、朝食
Photo_8Photo_9
このフォーのような麺、昨日と微妙に違っていて、これまたウマい
朝からしっかり食べて、この日はアンコールトム周辺の遺跡の数々を
見学に行きました






『バンテアイ・スレイ』
長い間、森の中にあった遺跡です
赤い砂岩で出来ています  ところどころに黒く焦げた痕があるのは
森の木々を焼き払ったときに焦げたらしいです

Photo_16

あちこちにあるレリーフは見事な彫刻が残っています
Photo_17
Photo_18Photo_19










「東洋のモナリザ」と呼ばれているデヴァター(女神)像
近くまで入れず、写すには遠かった
Photo_20



『タ・プローム』
ガジュマルの巨木に寺院が押し潰されそうになっています
自然の力に、驚愕です

Photo_10
Photo_13
Photo_14
Photo_15
このままだと、遺跡がつぶれてしまうため、場所によっては
これ以上成長しないようにしているそうです
人間がちっちゃく見えます
鳥が木の種を屋根の上などに落として、それが成長して
このような姿になったとか


↓これもそのひとつですね  屋根から木が生えています
Photo_21

根の間から微笑んでる 奇跡的です
Photo_22



『プレ・ループ』
少し小高い場所にある、レンガ造りの寺院です
ピラミッド型になっていて、幅の狭い階段を昇っていきます
頂上からの景色はなかなか絶景でした


Photo↑こんなところに、牛が!
カンボジアって、あちこちに牛がつながれていました

Photo_2



『東メボン』
ラテライトという石の上にレンガで造った寺院が建っています
光を浴びると真紅になったため「燃える山」とも呼ばれたそうです
メボンとは神の恵みという意味です


Photo_3
象の像  ほぼ等身大です
Photo_4



『プリア・カン』
複雑な回廊をめぐらせてあって、迷子になりそうでした
奥に行くごとに、入口の高さを低くしてあり
通るために自然に頭を下げて参拝する構造だそうです
なるほど~ぉ


Photo_5
Photo_6

プリア・カンとは聖なる剣という意味で、この建物に
聖なる剣がおさめられていたそうです
2階建てで1階は柱が円柱、2階は角柱というのは
珍しい様式だそうです

Photo_7



この日は実に様々な、アンコールの遺跡を見ることが出来ました
その中で一番印象深いのは、やはり『タ・プローム』です
自然の力強さを目の当たりにして、すごくパワーを感じました
ふと、“屋久島とかってこういう感動がありそうだなぁ”と思いました


この日も沢山歩いて、疲れました
ホテルへ帰る→風呂→ビール→寝る でした(笑)

|

« Siem Reap その2 | トップページ | Siem Reap その4 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

すごく幻想的な世界・・・!
少しずつ明るくなる空。ステキですね~!!
たくさん歩いた後のは最高だったでしょうね

投稿: 弥生 | 2008年7月17日 (木) 09時20分

とても濃密な時間を過ごしたのですね~
ガジュマルはすごいですね
一時期育てていたのですが
根を伸ばすこともなく枯れてしまいましたが^^;
本日もまた目の保養をさせていただきました^^

投稿: お館 | 2008年7月17日 (木) 17時32分

弥生さん

早起きしたかいがありました~
幻想的、まさに!とっても幻想的でした
昔の人もここから、日の出見ていたのかもと思うと
感慨深いものがありました
たくさん歩く=ビールの旅でしたね


お館さん

ガジュマル、今回イチバン驚いた所でした
アンコールワットとかは、世界遺産の番組とかで
何度か見たことがありましたが、周辺の遺跡は
今回行くことになってから、ガイドブックで知った次第で
自然の力ってすごいですよね

投稿: ☆コメントありがとうございます☆ | 2008年7月17日 (木) 21時58分

月もステキだわ~
朝日もステキだわ~
太陽の方向を考えて作られてるってすごいね
ガジュマルの木には圧巻
風呂→ビール→寝る…ハードスケジュールが伺えるわ

投稿: よっしー | 2008年7月22日 (火) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Siem Reap その3:

« Siem Reap その2 | トップページ | Siem Reap その4 »