« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

代わり一緒された(BlogPet)

きょうるりにゃん3号は、代わり一緒された。

*このエントリは、ブログペットの「るりにゃん3号」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腹時計

今日は休日、1日家におりました

休日るりとずっと一緒にいると思う事、それは


『るりと私の腹時計って一緒ね・・・delicious



emi : 「あ~、お腹すいたなぁ・・・」←心のつぶやき

るり : 「にゃ?ごはんかにゃ?」
Photo


私がご飯を用意してると、るりもやってくる
たいがいは、きびちゃん(煮干)が目当てだったりするけど
お腹が空いた~と鳴くhappy01


emi : 「いただきま~す」
Photo_2
マグロ、もずく、青梗菜の煮びたし、ゼロ生smile
オトメはいつも日付が変わる頃帰宅するので
夕食はほぼ別々です

るり : 「いただきにゃ~す」
Photo_3
Photo_4
るりのごはんは「おいしい和」というカリカリ
なかなか好みがうるさく、このカリカリが一番食べてくれる
まぐろ味、かつお味をかわるがわるあげてる



食後にゴロっとするのも、一緒(笑)
Photo_2


私が眠くて、ウトウトしてるときも
るりも、ころがって寝てる

冬は膝上だけど、夏はお互い微妙な距離をたもってるsmile



るりは私のダイモンなんだなぁ~、きっとsign01
ダイモン⇒映画「ライラの冒険」に出てくる動物
                   自分魂とされる動物の精霊)

Photo

・・・ちなみに、自分のダイモンを調べたらコレでした
Emi
Elleron : ヤマネコhappy02  やっぱりネコ科でした(笑)

やわらかい口調、孤独、競争心、心の強い、のんきな
柔軟な・・・だそうだ
むむむ、当たっているような、そうでもないようなcoldsweats01

20問の質問に答えると、自分のダイモンがわかります
ご興味のある方はどうぞ~ ⇒ あなたのダイモンは?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

寝相あれこれ

毎日毎日、なんて暑いんでしょう・・・sun
せめて曇りくらいで勘弁してほしいcloud



今日は、るりの寝相あれこれ happy01

最近は暑いせいか、寝場所がいろいろです


以前はよく転がっていたソファや・・・
Photo_13

ラグの上・・・・
1


今はあまり人気がありませんcoldsweats01 布製は暑いのか?
でも、暑い場所なハズの・・・

テレビの上は、いたくお気に入りtv
4

うちのテレビは旧式なので、奥行きがタップリ
しかし、るりのいられるスペースは限られている
案外、幅がないのだsweat02

ここで寝るのニャ~と決めたからには意地でも寝る
Photo_14

寝返り?がうてなくても、寝る

手がはみ出してきても、寝る
Photo_15

暑そう・・・gawk
それに、テレビから出ている電磁波とか悪影響ないのかなぁ

先日るりが上にいるのに、リモコンでスイッチ切ったら
ぱちぱち・・・めしめし・・・ぴちぴち・・・・
静電気coldsweats02

おバカなわたしは、 「ごめん!大丈夫~?」 
るりに触れてしまった


ぶわちぃ~っimpactflairannoybombsign04


テレビの上、キケンだぁーーbearing



テレビの次に定着率の高い、押入れ
ここも布だし、あまり涼しそうではないのに・・・
狭くて暗いのがポイントなのか?

Photo_19coldsweats02だ、大丈夫かぁ?    cat・・・・ぱかっ!、ぬぼぼぼ~~

あ~、目がヤバイわ(@_@;)
でも、なんだか快適らしいわ・・・ そぉっと襖を閉めました(笑)



やっぱり暑い時多いのが、床の上 
これは納得!ひんやりして気持ちいいもんねnote

Photo_16なぜ壁にくっつくのでしょう・・・(笑)   いつもくっついてるよね~

Photo_17ウィ~ン、パカっ(変形音)   あ、開いた! 手はそろってるけどhappy02

Photo_18ぐるり~んsign05    catちょっとimpactスリッパがクサイじゃにゃいの!spa



ひぇ~~、お叱りをうけちゃいました
オトメのスリッパぼろぼろだものねぇ・・・ぷぷぷっ^m^



Photo_20


ネコの寝相って、どうしてこうもかわいいんでしょう~
何枚も、何枚も写真を撮ってしまって(←親バカ)
本ネコも、 
「どう?この寝相、かわいいニャっしょ?」 
と、言わんばかり
自分の魅力をわかってるヤツには、勝てませぬsmile

| | コメント (12) | トラックバック (0)

前置き(BlogPet)

きょうは、みゅ~と前置きが昼寝したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「るりにゃん3号」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休のすごしかた

毎日、暑い日が続いていますねsweat02

すっかり梅雨も明け夏休みへ突入した、この3連休
お食事会&カラオケ
夢工場見学
なんてことをして、すごしておりました



以前の職場の仲間で、お食事会(ただの飲み会ともいう)
ちょっとオサレな、イタリアン  千葉市ではわりと名の知れた

『エスト!プロッシモ』 へ行きました
096

6人でたいらげたメニューrestaurant
Photo Photo_2
↑ウニ~ &  枝豆にパルメザンチーズ

Photo_3 Photo_4
↑キャベツのステーキ  &  生ハム、パルミジャーノチーズ

Photo_5 Photo_6
↑ピザ 2種類

Photo_7 Photo_8
↑アボカドクリームパスタ  &  ペンネアラビアータ

どれも、美味しかったのですが
アボカドのクリームパスタがなんといっても、素晴らしいお味でnote

千葉駅周辺に御用の際は、ぜひ!オススメです



食事後、メンバーの中で久しぶりに再会したMtaの
ご希望で、カラオケへkaraoke

いやいや、もともとカラオケは好きで、よく行ってましたが
最近はめっきり数も減っておりました~(遠い目)
カラオケほどジェネレーションギャップを感じる遊びもないですね
今回みたく、同年代で行くのが一番ですsmile

若い頃は、オールで歌ったりしましたね(またまた遠い目)
でも、最近やっとオトナになりました(笑)

楽しかったですね~、また近々会おう~happy01

-オマケ-  Mtaからもらったオモロ~なバスソープ
20080722082840
何が出るかな~、何が出るかな~sign01
M、さんきゅう~happy02




ほんのり、二日酔い?な翌日
『セキスイハウスの夢工場見学』なるものに参加してきました
Jpg
(場内は撮影禁止のため、入口のみ撮ってきました)


以前、住宅展示場へ遊びに行ったときに営業の方に
「ぜひ夢工場見学へご参加ください」な~んて言われ
おもしろそうだね! っていう単純な理由で参加してみることに

社員旅行以来の観光バスで、茨城県にある夢工場へ
社内では、お菓子の袋をいただき、これまた社員旅行みたいhappy01

広~い敷地内には、何棟もテーマ館と展示住宅が建ち、
説明をしてくれたり、体験できたり、自由に見学したり・・・

昼食も出していただいて、飲み物も飲み放題coldsweats02
家を建てると決めて、見学に来たわけでもない私達にまで
なんだか、すいまめ~~ん なくらい、いたれりつくせりsmile

いい時間を過ごさせていただきました
マイホームへの夢~、ふくらみましたヨ




帰り道、無性にハンバーグモードになったため
BigBoyハンバーグへ行ってしまいました~
Photo_9 Photo_10

Photo_11 Photo_12



暑い夏、スパイシーでスタミナもりもり
がっつり食べて乗り切りましょう~rock

| | コメント (4) | トラックバック (0)

この暑いのに

毎日、暑いですねsweat02

最近、この暑いのに『ベランダ出して』要求が激しいるり

ベランダへの窓を開けたら、すっとんでくる

はい、はい、行っといで~ と
ベランダの網戸を開ける


あれ?るり、どこ?

Photoじぃ~~~  ひっそり・・・

そこかいなsign02
狭いし、汚いのにぃーーーdash

Photo_2そんなのカンケイにゃ~、ニャッパッピィ~ (古っ)

目を離すと、エアコンの室外機のウラとか
室外機の下とかにすぐ入ってしまう

Photo_8
チッ、見つかっちゃったニャ

以前、目を離す代わりに、ハーネスを着けてみたことも
Photo_3

動きが止まってしまった(笑) ホフクゼンシンだしhappy01

Photo_5

る、るり? 睨んでる?sweat01

Photo_6

はい!わかりましたぁ~  
けっこうかわいいハーネスだったのになぁ・・・sad


以来、ハーネスの出番ナシ・・・・


るりがお隣のベランダへ行ってしまわないように、
隙間をダンボールで塞ぎ、なんとかるりの自由は保たれた


sunsunこの暑いのに、毎日ベランダを堪能しているねsunsun

Photo_7
外、オモロ~かにゃ?


・・・・行ってみる?ハーネス着けてだけど・・・

・・・・sweat01



“ 自由なのか 不自由なのか 部屋の外 ”


明日も暑そうですね・・・

| | コメント (11) | トラックバック (0)

Siem Reap その4

いよいよ旅も大詰め、旅行記も最終回smile

シェムリアップ3日目、この日も朝からガッツリ朝ごはんrestaurant
Photo
またまた、フォーもどき食べてます(笑)



この日午前中は、東南アジア最大の湖、トンレサップ湖クルーズと
オールド・マーケット観光です



バスに乗り込み、湖を目指します
道中、道の両脇は民家や商店がぽつぽつと現れ
車中から写真を撮ってました
民家は高床式になっていて、床下のスペースにはハンモックが
かけられている家が多かった
暑い昼間は、ハンモックに揺られてお昼寝タイムsleepy
高床なのは、ヘビなどの侵入を防ぐためだそうです

Photo_3

湖に近づくにつれ、高床がさらに高い床にeyesign01
Photo_2
湖の水がこの辺りまで満ちてくるため、より高くなっています

湖の駐車場に到着、ボート乗り場まで歩きます
砂の上を歩いていると、なんか海に来たよう
Photo_4
Photo_5 イエローのボートです
Photo_6

水路を進んで行くと、水上生活の様子を見ることが出来ました
Photo_7
Photo_8
こちらは学校です  休み時間かな?
Photo_9
水路を抜けたら、ひろ~~い湖が  茶色い海みたい~coldsweats01
Photo_10

クルーズはすいす~いと進み、海の家ならぬ湖の家に到着
Photo_11
Photo_12
ちょっとした食事、お土産物もあり、けっこう人が多かった
ワニを飼ってましたcoldsweats02
Photo_13 うじゃうじゃ~



湖の家を後にして、ボート乗り場まで戻りまたバスで移動
次はオールド・マーケット周辺へ
ここで、ツアーを離れ自由行動を開始しました



オールド・マーケットは市場です
建物の中にも外側にもお店がいっぱいありました
Photo_14
赤い屋根の所が全部オールド・マーケットです
Photo_16 外側にも
Photo_17 内側にも
生活雑貨から食べ物まで、ごちゃごちゃです
ここは、生鮮売り場です
野菜やら肉やら丸出しで並んでます
スーパーでパックされている肉に慣れている自分には
ちょっとヒクものが・・・しかもニオイがすごいwobbly

Photo_18
カンボジアも物が安い!
思わずお土産をたくさん買ってしまいました
カンボジアシルクのスカーフやランチョンマットなどなど・・・

オールド・マーケット周辺を散策しながら昼食をとることに
カンボジアもベトナム同様、フランス統治時代の建物が
あちこちにあって、この周辺だけ雰囲気が違っていました

Photo_19
Photo_20 薬局?

そしてガイドブックを見て、行ってみたいと思ったお店
『アンコール・パーム』で昼食
Photo_21
暑い中、歩いた後は必ずコレ↓
Photo_22 ビール&バナナチップ
このバナナチップス、ビールについてきたのですが
めちゃくちゃ美味しかったhappy02
Photo_23 生春巻き
Photo_24 サモサ
Photo_25 ナポリタンぽい麺
Photo_26 グリーンカレー
Photo_27 デザート

どれも、$1~$3という安さ!
そして、美味しい~note
このデザートは無料でした(タピオカとバナナのデザート)
ビール4缶飲んで、食べて 合計$13ってlovely
このお店、近所にあったらなぁ~ 即常連ですね

今回の旅は、食べ物に恵まれたというか、美味しいものばかりで
「アンコール・パーム」以外はツアーに組み込まれていたので
イマイチなんじゃないかと、ちょっと不安もあったのですが
どこも美味しかったです
食事も旅行の楽しみのひとつ、重要ですから~


食事後、周辺を歩き回って汗だくの体を冷やすために
入ったスーパー
Photo_31 オアシスだわ~



ホテル方面へ戻るために、トゥクトゥク(バイクタクシー)を
使いました(なるべく怪しくない運転手を選んで・・・)
Photo_28
ナンバーの入ったベストを着ている人は安心できるらしい
(ガイドブックより)



ホテル周辺に戻っても、特に観光できるところって無さそう
Photo_29
ここも、バイクが多いなぁ~


ホテルの近くにあったお寺をちょっと見て、戻りました
Photo_30



夜、帰路へ
シェムリアップ空港でもちょこっと買い物して、
またもタラップから搭乗~
Photo_32



ホーチミンで乗り継ぎして翌朝、成田へ到着
朝到着したので、ちょうど通勤時間帯
次の日からの社会復帰を思いながら家へと向かったのでした



帰ったら、るりは押入れから確認 (先日の記事)
Photo_33

ただいま~、るり

happy01旅行記、長々とご覧になってくださった方、ありがとうございました

catそうニャ、長すぎニャ~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Siem Reap その3

前回は、プノン・バケンからの夕陽を鑑賞 でしたが
今回は、アンコールワットの日の出を鑑賞 です

ほんのり薄明るくなってきた5時、ホテルを出発しました

アンコールワットは西に向かって建てられているため、
背後から朝陽が登るのを拝むことができます
観光ツアーにはつきものみたいです

まだ月が支配する夜空・・・
Photo_2

昨日通った長い参道をうす暗い中、歩いて行きます
水面に映る、あの撮影スポットへと到着し、日の出を待ちました

だんだん明けゆく空・・・
Photo_3 
Photo_4
Photo_5後光が射してますshine なんだか、ありがた~い気持ちです

この後、すっかり太陽が昇り辺りが明るくなるまで
ず~~っと、眺めたり写真を撮ったりしていました

後ろ髪をひかれつつ、アンコールワットとお別れしました
Photo_6
Photo_7
実際はもっと明るかったかなぁ・・・と写真を見て思いました

ホテルに戻って、朝食
Photo_8Photo_9
このフォーのような麺、昨日と微妙に違っていて、これまたウマいsign01
朝からしっかり食べて、この日はアンコールトム周辺の遺跡の数々を
見学に行きました






『バンテアイ・スレイ』
長い間、森の中にあった遺跡です
赤い砂岩で出来ています  ところどころに黒く焦げた痕があるのは
森の木々を焼き払ったときに焦げたらしいです

Photo_16

あちこちにあるレリーフは見事な彫刻が残っています
Photo_17
Photo_18Photo_19










「東洋のモナリザ」と呼ばれているデヴァター(女神)像
近くまで入れず、写すには遠かったcoldsweats01
Photo_20



『タ・プローム』
ガジュマルの巨木に寺院が押し潰されそうになっています
自然の力に、驚愕ですwobblysign03

Photo_10
Photo_13
Photo_14
Photo_15
このままだと、遺跡がつぶれてしまうため、場所によっては
これ以上成長しないようにしているそうです
人間がちっちゃく見えます
鳥が木の種を屋根の上などに落として、それが成長して
このような姿になったとか


↓これもそのひとつですね  屋根から木が生えていますsign01
Photo_21

根の間から微笑んでるeye 奇跡的です
Photo_22



『プレ・ループ』
少し小高い場所にある、レンガ造りの寺院です
ピラミッド型になっていて、幅の狭い階段を昇っていきます
頂上からの景色はなかなか絶景でした


Photo↑こんなところに、牛が!
カンボジアって、あちこちに牛がつながれていましたtaurus

Photo_2



『東メボン』
ラテライトという石の上にレンガで造った寺院が建っています
光を浴びると真紅になったため「燃える山」とも呼ばれたそうです
メボンとは神の恵みという意味です


Photo_3
象の像  ほぼ等身大です
Photo_4



『プリア・カン』
複雑な回廊をめぐらせてあって、迷子になりそうでした
奥に行くごとに、入口の高さを低くしてあり
通るために自然に頭を下げて参拝する構造だそうです
なるほど~ぉ


Photo_5
Photo_6

プリア・カンとは聖なる剣という意味で、この建物に
聖なる剣がおさめられていたそうです
2階建てで1階は柱が円柱、2階は角柱というのは
珍しい様式だそうです

Photo_7



この日は実に様々な、アンコールの遺跡を見ることが出来ました
その中で一番印象深いのは、やはり『タ・プローム』です
自然の力強さを目の当たりにして、すごくパワーを感じました
ふと、“屋久島とかってこういう感動がありそうだなぁ”と思いました


この日も沢山歩いて、疲れました
ホテルへ帰る→風呂→ビール→寝る でした(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Siem Reap その2

シェムリアップ1日目の午後です

午前中は、生まれて初めてのアンコール遺跡に度肝をぬかれ
感動しっぱなしでしたが、
お次は、『アンコールワット』
この旅行の決め手となったのは、言わずと知れたアンコールワットでした

実はわたくし・・・ “ 世界遺産フェチ ” なのです
世界中の世界遺産を見てまわるsign01という実現不可能な野望あり

オトメも影響されたのか、アジアに興味なかったはずなのに
今回の旅行先がカンボジアになったのでした

前置きの長さにうんざりしていると思いますがcoldsweats01
いざ、アンコールワットへ


長い長い石畳の参道の先に門が見えてきました
Photo
門をくぐり、
Photo_3
また参道を歩きます
Photo_2

水面に映る姿  う、美しい~shine
Photo_4

内部は三重の回廊、本殿、中央祀堂などで構成されています

アンコールトムもそうでしたが、回廊には戦や神話のレリーフが
びっしりと彫られています  圧巻です
Photo_6
戦いのようす
Photo_5
王の行進
Photo_7日傘の数が権力のすごさを物語っているそうです

天国と地獄
Photo_8
上段が天国、中段が閻魔に裁かれるところ、
下段が地獄・・・よく見ると痛めつけられてて怖いshock

乳海攪拌  ここにもありました!
修復中だったので、代わりに壁の写真が立ててありました
Photo_9

ヒンドゥー教寺院だった時代と仏教寺院だった時代とあり
置いてある像も、いろいろです
Photo_10
Photo_11

いたるところにデヴァター(女神)の彫刻がありました
美しい、見事な彫刻ばかり~
Photo_12
Photo_13
Photo_14

回廊の内側を歩きながら、そびえ立つ祀堂を見上げる
Photo_15
Photo_16
Photo_17

こんなものもありました!江戸時代に訪れた日本人の
墨書きです(落書きとも言う?!)
Photo_18
昔も今も一緒なのかしら?coldsweats01


写真を撮ってなかったのですが、面白い場所が!
『反響の間』という天井が高~い場所で
壁に背中をくっつけて、胸を叩くと部屋全体に
「ドゥ~~ン」と低い音が反響します
腹や肩では音は鳴らず、胸(肺のあたり)だけ鳴るんです
人間の邪気や病を追い祓ってくれる という
思わず何度も叩いてしまいましたhappy01


『ナーガ』  不死の象徴の蛇神  顔は人間、ヘビの尾をもつ
Photo_19

『シンハ』  ライオン  日本の狛犬の祖先
Photo_20
ぷりっとしたオシリがかわいいシンハでしたhappy01


アンコールワットは他の遺跡と違って、西向きに建てられています
(他の遺跡は東向き)
寺院でもあり、王の墳墓でもあったアンコールワットは
西方浄土をあらわしているそうです
なるほどなぁ~・・・
そのため、アンコールワットの後ろに朝陽が昇ります



アンコールワットを後にして、次へ向かうは・・・
『プノン・バケンの夕陽鑑賞』です

プノン・バケン山の頂上まで登ります
今日はすでにかなり歩いているのにこれから山登りsweat02
Photo_21

頂上にある寺院は階段の幅が狭く、傾斜も急で
登るのが大変でした
でも頂上はいい眺め!苦労して登った甲斐がありました

遠くに見えるアンコールワット
Photo_22

だんだんと陽が落ちてきました
Photo_23

落ちる夕陽はキレイで言葉を失ってしまいました
Photo_24
Photo_25
Photo_26

はぁ~ ため息の連続でした
今カンボジアは雨季で、なかなかきれいな夕陽を見られないらしい
なんてラッキーなんだろ~scissors よかったこれが見られて



すっかり日も暮れて、夕食です

『アプサラダンスディナーショー』を鑑賞しながら、お鍋を食べました


カンボジアのお鍋
Photo_27 Photo_28
ぽん酢ではなく、豆腐を発酵させてライム、唐辛子を入れた
つけだれで、ちょっとクセになる美味しさ
デザートは揚げバナナlovely
Photo_29

アプサラダンス  アプサラは水の妖精、天女です
遺跡のレリーフにも舞っている姿が描かれていました

Photo_30 Photo_31

伝統の影絵芝居 『スバエク』
影絵ってなんだか、懐かしい~
Photo_32 Photo_33
舞踊も影絵も演奏も、演じているのは子供や若い人たちでした


カンボジアで驚いたことは、子供が働いている!ということです
ショーをやっているこの子達、街中でも遺跡の周りでも
子供が土産物を売っていました


ホテルに戻って、ぐったり~な私にオトメが見せてくれた万歩計
Photo_34
wobbly wobbly wobbly 2万歩超えsign02 wobbly wobbly wobbly
初めて見た・・・


明朝はアンコールワットの日の出を見に行くため、
ビールを飲んでさっさと寝ました(笑)

続く・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

4回目

7月10日、4回目の結婚記念日です


入籍、挙式、パーティーの慌しくも楽しかったあの日から
早くも4年が経ちました

今年は特に何も予定していなかったのですが、
このようなものが突然届きまして・・・・


20080710101728
試写会の招待状movie

ちょうど観たかったこともあり、夫婦して休みをとりました

noteポーニョポーニョポニョさかなの子~note
頭のなかをぐるぐるしています(笑)
とっても面白かったです 爆笑する場面もhappy02


20080710013542
20080710013520

旅行の準備やらなにやらで、実はるりの誕生日祝いを
やっていないままでした(ヒドイ家主たちよね~coldsweats01
プチケーキを買って、誕生日&記念日祝い
るりにとってはケーキは興味対象外ですがぁ・・・(笑)


20080708221723
ケーキよりきびちゃんがいいにゃdash


ベトナムのいやげ物(いやなみやげ物)と不機嫌?なるり
は、さておきsmile


昨日よっしーから美味しそうなスパークリングワインを
いただいちゃいました~lovely
20080710232420

そして、炊飯器で作ったというココアバナナケーキまでshine
20080710094545
美味しかった~

よっしーステキでおいすぃ~プレゼントありがとう~happy02



昼食、夕食とも外食しましたが、オトメ(だんなさん)のカメラに
入っているため、今日はデータをひきだせなかった
機会があったらアップしようかなぁ~と


まだまだ未熟者の2人ですが、みなさまこれからも
よろしくおねがいしますhappy01

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Siem Reap

つ、ついに・・・ついに!

キターーーーー\(^o^)/sign03

アンコール遺跡郡のある都市、シェムリアップへ

1日目の朝でございます  お部屋からの眺め
Photo_5
朝食は広々~としたレストランでバイキングです
Photo_6

カンボジア上陸後初の食事は昨夜の夕食でしたが、
中華料理でした(笑) しかも地元民御用達っぽいお店

だからというわけではないですが、朝食に過剰な期待smile
ありました、ありました カンボジアメニューがnote
Photo_9 Photo_7                        








朝食後、いよいよアンコールトムへと出発ですscissors

ホテルロビーで待ってる間もワクワクワクワク・・・
Photo_10

アンコールトムは一辺が3kmの城壁に囲まれた城砦都市遺跡です
東西南北にある門のうち、南大門から入ります

南大門の綱引き像・・・ヒンドゥー教の「乳海攪拌」を像にしています
Photo_11Photo_12











アンコールトムの中心にあるバイヨン寺院に到着~
Photo_13

仏教寺院として建てられたバイヨンには、
「クメールの微笑」をたたえた観世音菩薩の四面像が
あちこちにあります

Photo_16
ステキな微笑でございますconfident
Photo_17 

バイヨンの回廊には、戦いや日常生活などを描いたレリーフが
壁面に彫られています

Photo_18











              


Photo_19Photo_20











バイヨンの次に行ったのは、パブーオン 歴代の王を祀った王家の菩提寺です
Photo_21

この頃にはもう暑くて汗ダラダラですwobblysweat01

パブーオンから続く、象のテラス
Photo_22
象です なんか、かわいいhappy01
Photo
ガルーダ(ヴィシュヌ神の乗物、鷲+人間)
Photo_2

ライ王のテラス  ライ王のライはライ病のライだそうです
(ライが多くなってしまったcoldsweats01)
Photo_3
王はここから、踊りや綱渡りの見物をしたそうです
なかなか、いい眺め~

ライ王像
Photo_4

広いアンコールトムでの移動手段は、トゥクトゥクでした
乗っている間は風を受けて涼しい~
Photo_5

アンコールトムはバイヨンの四面観世音が印象的
広くて見ごたえたっぷりでした

この後は、昼食
今回のツアーはほとんど食事付きrestaurant
ツアーを一緒にまわっている方たちと同じテーブルで食事です
徐々に自己紹介なんぞして会話もはずみますhappy01

お昼も、まずはビール(笑)
Photo_6
春巻き と やきそばっぽい麺
Photo_9Photo_11  









海苔スープ と リュウガン(ライチみたいでした)&モンキーバナナ
Photo_12Photo_13











カンボジアの料理は、日本食に近い気がします
あっさりした味付けです
ベトナム同様、辛いものが多いのでは?と思ってましたが
またまた違ってました

昼食後、一度ホテルへ戻ります
暑さが厳しいため、こちらは昼間は休憩タイム
午後3時くらいから活動開始です

ホテルへ入る前に近所のコンビニへ買出し
Photo_14
ガソリンスタンド併設コンビニです
こっちはビールが¢7.5~です(超ーー安いぞ)
ホテルのは高いので、ビール多数購入
そうです、水かビールなんです飲み物はっhappy01beer

ホテルに帰って、早速着替え
こんなに汗かけるのかsign01 ってくらいの大量の汗、汗、汗sweat01

しばし休憩の後、午後の部はいよいよ・・・・
アンコールワットの見学ですhappy02

次へ続く・・・(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Ho Chi Minh その2

さて~

ベンタイン市場の活気にヘロヘロになったところで
またガイドさんと合流しました

定番観光スポット巡りは、ここまでfoot

その後、今回のツアー会社のホーチミンラウンジまで
連れて行っていただきまして・・・


『特典プレゼント』を堪能させていただくことにnote


サイゴンラウンジさんです
Photo_14


present特典その1 ベトナム式アイスコーヒー
Photo_12
ベトナムのコーヒーは甘いフレーバー(バニラとか)が
付いていて練乳を入れて飲みます
美味し~いheart04


present特典その2 アオザイレンタル
半日レンタルが付いてましたが、時間が無いので急遽


記念撮影ーーーcamerasign01

ベタな写真ですいません&こんな夫婦ですいません
Photo_13


こちらのスタッフはみなさん優しい笑顔で、いい方ばかり
アオザイ選びも一緒にしてくれました~


present特典その3 フットマッサージ10分無料
Photo_15
アホが一人(笑) マッサージ部屋は薄明かりでリラックスムード
10分無料ですが、30分でも$8sign03激安です
40分間、フットマッサージをお願いしましたfootあ~スッキリ~


マッサージ後、どこで昼食をとろうかと話していたら


「ここの1階で食べていったら?」と笑顔のスタッフ タオさん
Photo_17

春巻きもフォーもあるよ~

笑顔のかわいい タオさん

わたしと同じ年でした(驚)

行くお店のアテも無かったので、いただくことにしました




Photo_22冷え冷え~

生春巻き&揚げ春巻き
Photo_19

そして、やっぱり フォーnoodle
Photo_20

野菜たっぷり!
お肉も入って
スープはアッサリ!
美味しーーい!

チリソースはお好みで♪





ベトナム風お好み焼き バイン・セオ
Photo_23 これも美味し~い
米粉と緑豆粉をココナッツミルクで溶き
ターメリックで色付けした生地
中には野菜炒めっぽい具が入ってます


ベトナムの食事って辛いのでは?とか、
香草が沢山使われているんじゃないか?と思っていた私
まったく違っていました
辛さの調節はお好みだし、ニオイのきつい野菜などもなかったです
たまたま食べたものがそうだったのかもしれないけどcoldsweats01



サイゴンラウンジを出て、街を探索しながらホテルへ帰ることに


市場に戻って、ベトナムコーヒーを買いました
Photo_24
100グラム28000ドン(1万ドンが70円くらいです)


街角で床屋さん発見!思わず盗撮smile
Photo_25
のどかだぁ~


ホーチミンを歩いていて、驚いたのがバイクの数です
笑っちゃうくらい、バイク、バイク、バイク!!!


レースかっpaperてなくらいのバイクを動画でどうぞ(笑)



夕方、ホテルからタンソンニャット空港へ
汗と排気ガスにまみれた、あっというまのホーチミン観光でした


ピックアップのバスの中、同じツアーで来ていた女性2人と
お知り合いになりました
お1人は、息子さんがホーチミン在住とのこと(スゴイなぁ)



暑くて暑くて空港でもビール(笑)
Photo_28 Photo_30



そして、いよいよカンボジアへ出発airplane

1時間くらいで、シェムリアップ国際空港へ到着~
Photo Photo_3


タラップを降りて徒歩で空港建物へ~
建物は、「魅惑のチキルーム」 みたいな形ですhappy01

Photo_4
チキルームの内部  到着の人で賑やかです



この後、夕食をとりホテルへ向かうのでした~
明日はいよいよアンコールトムとアンコールワット観光

まだまだ続きます、旅行記smile

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Ho Chi Minh

やっと旅行記はじまりましたsmile

今回、ベトナムのホーチミンとカンボジアのシェムリアップへ
行ってまいりましたairplane

今日は 『出発~ホーチミン編』 です

出発日は夕方の飛行機
Photo

ホーチミン タンソンニャット空港へは22時過ぎに到着~
時差は日本よりマイナス2時間ですwatch

空港出口はお出迎えの人だかり
自分がゲーノー人にでもなったかのような錯覚(笑)

Photo_2
Photo_3

ホーチミンでの宿は・・・

   『HUONG SEN(フンセン)HOTEL』

2階のエレベーターのすぐ隣の部屋でした
ほんとに降りてすぐ右に入口ですhappy01
Photo_4

部屋はわりと広かったです
Photo_5

朝食はバイキングでした
いわゆるホテルの朝食メニューの他に、ベトナムならではのメニューも
Photo_6
Photo_7
フォーsign01

ホーチミンはこの日1日の観光、夕方には空港へ行くので
チェックアウトをすませ、市内観光に出発しました~

時間が限られているので、ガイドさんをお願いして
定番観光スポット巡りをしました

Photo
ぷらぷらと歩き出し・・・
Photo_2

『市民劇場』へ
Photo_3
あいにく、改装中でしたcoldsweats01

『聖母マリア教会』
Photo_4
ひときわ目立っていました 観光客もたくさんsign01

ホーチミンの建造物は、ほとんどがフランス統治時代に
造られたものだそうで、とっても西洋的でオサレ~です

『中央郵便局』
Photo_5
記念切手を買おうかと思いつつ、まったく違うお土産を
買ってしまいました
民族衣装を着た人形のマグネット(ビミョーなんだコレがsmile

『人民委員会庁舎』
Photo_6
これまたキレイな建物で。 銅像はホー・チ・ミンさんです

写真でも分かるように、晴れsunそして暑いsweat02

『ベンタイン市場』
Photo_7
ここで、ガイドさんと待ち合わせ時間を決めて自由に歩きまわることに
Photo_8
Photo_9 Photo_11
すごい活気です
歩いているとすぐ「おネエさん、安いヨ~」「買って~」と
腕をつかまれ、声をかけられまくりますcoldsweats01

積極的な店員さんのいないゆっくり見れそうなお店で、
何点かお土産を買いました

市場の中は、蒸し暑かった~
ぬとっとした手で腕をつかまれるのはちょっと勘弁してほしかった
さすが市場、いろんなモノがあふれんばかりで超安い
ドル、ベトナムドン、日本円・・・いずれも使えましたヨ

と、やっぱり長くなってしまったwobbly
ホーチミン後半へ続く・・・です
かなりしつこい旅行記になりそうな予感(笑)

今日(日付変わってるから昨日)は七夕でした
最近は願い事をしたりもしなくなりました
来年は笹でも飾ったりしてみようかなぁ~shine

| | コメント (4) | トラックバック (0)

十牛十色

旅行の記事かと思いきや・・・
今日は『おとりよせグルメ』sign02的なネタを・・・

その名も


   taurus うしサブレ taurus


初めて商品説明を見た瞬間、


   rock キターーーーーっ!rock


早速、お取り寄せしちゃいました

またまた、まわしものみたいですが
フェリシモの 「CHOU CLUB」 という
世界のお取り寄せフーズのサイトで購入しました

届きましたよ!うしサブレheart04
Cow_3
パッケージの外側からも確認できる“ うし柄 ”

このサブレ、本当のウシみたいに1枚、1枚 柄が違うんですよsign01
Cow_2
ウシさんの下には牧草をイメージした緑色の詰め物が!

材料はすべて北海道産のものを使用
美味しいに決まってますよねdelicious

Cow_1

かわいすぎて、取り寄せたのに食べるのがもったいない
でも、いつかは食べちゃうんですけどね~ ウシシシ・・・・delicious

impact今フェリシモのサイトを見たら、「売り切れました」 だそうです

でも、発売元の “ファームデザインズ” さんに
発注すれば大丈夫そうです

こちらの “ファームデザインズ” さん、Webサイトを覗いてみたら
ほかにも美味しそうなモノがてんこ盛り
サイトも楽しい情報がいろいろです
ウシさんデザインもかわいい~heart04

関東でも、東京駅八重洲口と新橋駅にショップがあるらしいsign01
これは物色しに行かなくては(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »